エフフォーリアの挑戦

エフフォーリアの現役最強馬2頭撃破の挑戦がとうとう始まります。

最終追い切りも順調にこなして、全体時計は遅めでもラスト1Fは馬なりで11.3秒で非常に良い動きでした。馬体も春からパワーアップしているので、古馬との力差を縮めていると思います。

また、枠順も5番となりました。過去傾向からあまり良い枠順ではないらしいですが、それでも内よりのいい枠だと思います。そののオレンジ・ピンク枠でなければ良いと思います。

そして馬場ですが、土曜日のメインレースのアルテミスSでエフフォーリアと同じエピファネイア産駒が勝ちました。2歳の牝馬のレースなので一概には言えませんが、勝ち馬のタイムが1:34:0で上がりが33:5でした。紅葉Sの勝ち馬タイムが1:32:7で上がりが34.4でした。時計は出ていますが、パンパンの良馬場というかんじではありません。血統的にはディープインパクト産駒よりかはややパワーのいるキンカメやエピファネイア産駒が来ています。エフフォーリアにとってチャンスだと思います。

3強での3番人気で先輩2頭のコントレイルグランアレグリアに挑むということで、ダービーの緊張感と違い、気楽なかんじでテレビの前で応援できそうです。皆さんも応援お願い致します。




にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA