出資馬の新馬勝ち馬とその後

ラヴェルが新馬勝ちしたので、出資馬の新馬勝ちを調べてみました。

すでにデビューしたのべ43頭のうち、新馬勝ちした馬は以下です。馬名の右は最終的な古馬クラスです。

フェルメッツァ:オープンクラス(最高GⅢ3着)

アダムスブリッジ:3勝クラス(最高3歳時オープン勝ち)

リーガルプレゼンス:2勝クラス(2戦2勝で故障で引退)

ケルフロイデ:2勝クラス(最高3歳時GⅢ2着)

ミリッサ:3勝クラス(最高3歳時GⅡ4着)

コンダクトレス:3勝クラス

レーツェル:3勝クラス

レイパパレ:オープンクラス(GⅠ勝ち)

エフフォーリア:オープンクラス(GⅠ勝ち)

ナミュール:オープンクラス(GⅡ勝ち)

サリエラ:2勝クラス

アンクロワ:1勝クラス

ラヴェル:1勝クラス

43頭中13頭(30.2%)が新馬勝ちをしています。このうち古馬オープンクラスまで進めたのは4頭です。すべてが重賞で馬券圏内に入っています。ということはラヴェルも重賞で良い勝負ができることは約束されているようなもん!と思いたいです。

もちろん新馬戦負けても重賞勝ち馬もいるので、新馬戦だけではないです。

ただ新馬戦を勝つだけで将来を妄想するとワクワクするのは間違いないですね。偉大な姉や先輩に続けることを願っています。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA